小鳴門新橋からの北泊漁港

瀬戸町北泊と島田島の間を流れる小鳴門海峡、その上には鳴門スカイラインの小鳴門新橋が架かっています。
その橋から北側を眺めると目の前には北泊漁港が、その奥には瀬戸内海の播磨灘が見えます。
そこはまるでアニメにでも出てくるような小さな漁村そのもの、晴天だとインスタ映え間違いなしの絶景スポットになっています。

小鳴門新橋
小鳴門海峡の上に架かる小鳴門新橋
小鳴門新橋からの堂の浦方面
小鳴門新橋から見た堂の浦方面の小鳴門海峡

北泊漁港と反対側に渡ると堂の浦方面が見えるのですが、狭いのでまるで川のように思えます。
さらに、奥の方はどうなっているのか分からず、一見すると海峡なのかどうか分からないくらいです。
しかし、写真の右側奥の方に薄っすらと見える海まで繋がっていて、さらにウチノ海、鳴門市街の方まで流れています。

眼下の小鳴門海峡は穏やかに見えますが潮の流れはかなり早く、島田渡船がある辺りでは小さな渦が巻くこともあります。

アクセス

徳島県鳴門市瀬戸町北泊
鳴門北インターチェンジから車で約15分
※公共交通機関がありませんので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA