小鳴門新橋からの北泊漁港

瀬戸町北泊と島田島の間を流れる小鳴門海峡、その上には鳴門スカイラインの小鳴門新橋が架かっています。
その橋から北側を眺めると目の前には北泊漁港が、その奥には瀬戸内海の播磨灘が見えます。
そこはまるでアニメにでも出てくるような小さな漁村そのもの、晴天だとインスタ映え間違いなしの絶景スポットになっています。

小鳴門新橋
小鳴門海峡の上に架かる小鳴門新橋
小鳴門新橋からの堂の浦方面
小鳴門新橋から見た堂の浦方面の小鳴門海峡

北泊漁港と反対側に渡ると堂の浦方面が見えるのですが、狭いのでまるで川のように思えます。
さらに、奥の方はどうなっているのか分からず、一見すると海峡なのかどうか分からないくらいです。
しかし、写真の右側奥の方に薄っすらと見える海まで繋がっていて、さらにウチノ海、鳴門市街の方まで流れています。

眼下の小鳴門海峡は穏やかに見えますが潮の流れはかなり早く、島田渡船がある辺りでは小さな渦が巻くこともあります。

アクセス

徳島県鳴門市瀬戸町北泊
鳴門北インターチェンジから車で約15分
※公共交通機関がありませんので注意してください。

最近の記事

  1. なると島田島にコウノトリが飛来、見つけたら幸運が訪れるかも?

  2. なると島田島の古代蓮の開花状況です(2020年6月21日現在)

  3. なると島田島の古代蓮が令和2年6月15日の今朝開花!

  4. なると島田島の古代蓮は蕾が膨らみ今にも咲きそうな蕾も

  5. 島田島の田尻の浜まで磯もんを採りに行ったら摩訶不思議な石がゴロゴロ

カテゴリー

このサイトについて

このサイトは徳島県鳴門市瀬戸町にある四国で2番めに大きい島「島田島」に住んでいる「ころころはうす」が島の活性化のために個人的に立ち上げました。
いざ、立ち上げてみるとなかなか更新ができませんが、昔ながらの風景が魅力的な島田島を紹介していきますのでよろしくお願いします。

TOP