大島田の古代蓮

島田島の北部になる大島田には、2000年以上も昔の古代蓮の大賀ハス(おおがはす)が水田跡地に植えられています。
毎年、6月中旬から8月上旬にかけて神秘な花が咲き乱れ、今では日本各地から見に来る人で賑わっています。
蓮花は早朝の6時頃から咲き始め、午後にはほとんど萎んでしまいます。できれば午前中に見に来られることをおすすめします。

大島田の古代蓮
県内の地域おこしボランティアの皆さんによって植えられた古代蓮(大賀ハス)
大島田の古代蓮
神秘の花が咲き始めるのは早朝から、見るなら午前中がベストです。

アクセス

徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
鳴門北インターから車で約15分
※公共交通機関がありませんのでご注意ください。

最近の記事

  1. なると島田島にコウノトリが飛来、見つけたら幸運が訪れるかも?

  2. なると島田島の古代蓮の開花状況です(2020年6月21日現在)

  3. なると島田島の古代蓮が令和2年6月15日の今朝開花!

  4. なると島田島の古代蓮は蕾が膨らみ今にも咲きそうな蕾も

  5. 島田島の田尻の浜まで磯もんを採りに行ったら摩訶不思議な石がゴロゴロ

カテゴリー

このサイトについて

このサイトは徳島県鳴門市瀬戸町にある四国で2番めに大きい島「島田島」に住んでいる「ころころはうす」が島の活性化のために個人的に立ち上げました。
いざ、立ち上げてみるとなかなか更新ができませんが、昔ながらの風景が魅力的な島田島を紹介していきますのでよろしくお願いします。

TOP