大島田の田尻の浜まで磯もんを採りに行ったら摩訶不思議な石が…

鳴門市の島田島は大島田の田尻の浜。ここは昔から地元の人が磯もんと言って小さな巻き貝なんかを採りにくる浜で、今日、5月8日は大潮ということで干潮に合わせて久しぶりにその貝拾いに行ってきました。

田尻の浜
田尻の浜から見た淡路島の風車群

大島田は徳島県の最北端になる地域で、田尻の浜は瀬戸内海の播磨灘に面した遠くに淡路島の風車群が挑める風情に癒やされる海岸です。
ここは子供の頃には魚を釣りにきたり、地元で磯ものと言って小さな巻き貝や岩にへばりついている貝やテングサなどをよく採りに来ました。
今日は大潮ということで久しぶりに来たのですが、なんか思った以上に貝類が小さくて気抜けしてしまいました。

磯もの巻き貝
地元で磯ものと言っている巻き貝や岩にへばりついている貝

ちなみに、磯もの言っているのは写真のような小さな巻き貝や岩にへばりついている貝のこと。
調べてみると小さな巻き貝はイシダタミ、岩にへばりついている貝はカサガイの一種みたいです。

窪みだらけの石
こんな石がゴロゴロしてる。
凸凹の石
窪みだらけの石

それはそうと、あまりにも貝が小さいので気合が入らなくて、所々に面白い石が転がっているのに気がついてスマホでパチリ。
見てると、なんでこんなに凹みができるんだろうと…。
しかもです、貫通して穴が空いて向こうが見てる石も転がっているんです、摩訶不思議😳

魚の頭みたいな石
貫通して穴が空いて、まるで魚の頭のような石

そうそう、採ってきた貝は茹であげてマチ針なんかで中身を取り出して食べます。
これが子供の頃はめちゃくちゃ美味しくて、潮をみては採りに行ったものですが、久しぶりに食べてみると何かイマイチ、ビミョー…。
つくづく、時代の流れやなあと感じたのでありました。

巻き貝イシダタミ
巻き貝はイシダタミと言うらしい、初めて知った。

もう少しすると大きくなるんかな、やっぱり昔の味は記憶に残ってる、もう一回行ってみようかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA