田尻の浜の予科練習生救助顕彰碑

予科練習生救助顕彰碑

鳴門市の島田島の田尻の浜(たじりのはま)には、大東亜戦争(第二次世界大戦)時に起こった悲劇にまつわる記念碑が建てられています。
終戦を目前に予科練習生が乗った船が米軍の飛行機に攻撃され大破、大勢の犠牲者を出しながらも辛うじて海に飛び込んだ予科練修生を地元の人が命がけで助け出したのを称え、世界の恒久平和を祈念する石碑です。

田尻の浜
田尻の浜の左側を見ると奥に小豆島が見える
田尻の浜
田尻の浜の右側には淡路島が見える
予科練習生救助顕彰碑
田尻の浜にある予科練習生救助顕彰碑
予科練習生救助顕彰碑
当時のこのあたりの漁船は木製の小さな船でかんこ船と呼ばれていた
予科練習生救助顕彰碑
予科練習生救助顕彰碑に刻まれた当時の歴史を語る文

予科練習生救助顕彰碑の全文

予科練習生救助顕彰碑
大東亜戦争(太平洋戦争)の終結を目前に控えた昭和二十年八月二日、宝塚海軍航空隊甲種飛行予科練習生ら百九名は、杉本海軍大佐指揮の下に鳴門要塞増強工事の任務を帯び鳴門市撫養港を木造機帆船住吉丸で出港し、鳴門海峡を淡路島阿那賀港に向かっていた。
正午過ぎ、鳴門市島田島の沖合約二キロに差しかかった時、米軍機二機の空襲を受け、船体は大破し、たちまちにして五十六名が戦死、生存者は鳴門海峡に飛び込み急流に翻弄されながら漂流した(十名は船に残留)。
これを知った鳴門市粟田・北泊・大島田・室の地元民が敵機の飛び交う会場を漁船で出動し必死の救助の結果十七名を救出したが、他の二十六名は若い生命を失い、計八十二名の戦死者が出た。当時、我が国は軍機保護の立場から厳しい報道管制下にあり、この悲惨な出来事は長年埋没されてきた。
近年、この史実が明らかとなり人心がすさみがちになる戦時下において、わが身の危険をも顧みず決死の覚悟で多くの生命を救った人間愛は、世の人々に深い感銘を与えた。
ここに、世界の恒久平和を祈念するとともに、慈愛に満ちた勇気ある鳴門市民の行為を後世に永く顕彰する。
平成三年十二月吉日 編消費建立実行委員会

堀越橋からのウチノ海

堀越橋からのウチノ海

鳴門市の島田島と鳴門公園のある大毛島との間にある堀越海峡の真上に架かる堀越橋、ここからのウチノ海の眺めはまるで湖のような四方見展望台からとはまた違った景観が見れる絶景スポットの一つです。
ウチノ海に浮かぶ筏や時おり走っている小さな船がなんとも言えない風景で、夕日に染まる季節だとさらに風情を醸し出します。

堀越橋から見た播磨灘
堀越橋から見た播磨灘(大鳴門橋方面)、右側が亀浦観光港

眼下の堀越海峡はものすごく狭い上に急流で、じっと眺めていると思わず吸い込まれそうになりますが、静かなウチノ海の反対側を眺めると穏やかな瀬戸内海の播磨灘が広がっています。
ここからだと残念ながら大鳴門橋は見えないのですが、季節によっては播磨灘や鳴門海峡一面が雲海に覆われ、堀越橋の橋の上まで雲海が迫ってくることもあります。

播磨灘の雲海
堀越橋から撮影した大鳴門橋方面の雲海

大鳴門橋方面の眼下には、鳴門の渦潮をクルーズする観潮船のある亀浦観光港があり、県内外からの釣りの人気スポットにもなっているので、まだ行っていない方は立ち寄ってみてはどうでしょう。

四方見展望台からのウチノ海

鳴門スカイライン四方見からのウチノ海

鳴門スカイラインの頂上にある四方見展望台(よもみてんぼうだい)、ここからは鳴門公園や大塚国際美術館などで有名な大毛島と島田島との間にあるウチノ海が絶景で人気スポットになっています。
天気が良いとインスタ映えの写真が撮れると、土曜日や日曜日になると県内外からの人で賑わいます。

四方見展望台からのウチノ海は絶景ですが、まるでジェットコースターのような急勾配の四方見橋からはウチノ海はもちろん反対側には遠くに瀬戸内海の播磨灘(はりまなだ)を眺めることができます。
季節にもよりますがその瀬戸内海に沈む夕日も絶景です。

四方見展望台にはトイレがあるので車はもちろん、バイクやサイクリングの人も多く訪れます。
また、展望台の隣には、東京でフレンチのレストランを経営している方がここの絶景を気に入ってお菓子工房をオープンし、お店の中では一般にも販売をしています。

アクセス

徳島県鳴門市瀬戸町撫佐
鳴門北インターチェンジから車で約15分
※公共交通機関がありませんのでご注意ください。

小鳴門新橋からの北泊漁港

小鳴門新橋からの北泊漁港

瀬戸町北泊と島田島の間を流れる小鳴門海峡、その上には鳴門スカイラインの小鳴門新橋が架かっています。
その橋から北側を眺めると目の前には北泊漁港が、その奥には瀬戸内海の播磨灘が見えます。
そこはまるでアニメにでも出てくるような小さな漁村そのもの、晴天だとインスタ映え間違いなしの絶景スポットになっています。

小鳴門新橋
小鳴門海峡の上に架かる小鳴門新橋
小鳴門新橋からの堂の浦方面
小鳴門新橋から見た堂の浦方面の小鳴門海峡

北泊漁港と反対側に渡ると堂の浦方面が見えるのですが、狭いのでまるで川のように思えます。
さらに、奥の方はどうなっているのか分からず、一見すると海峡なのかどうか分からないくらいです。
しかし、写真の右側奥の方に薄っすらと見える海まで繋がっていて、さらにウチノ海、鳴門市街の方まで流れています。

眼下の小鳴門海峡は穏やかに見えますが潮の流れはかなり早く、島田渡船がある辺りでは小さな渦が巻くこともあります。

アクセス

徳島県鳴門市瀬戸町北泊
鳴門北インターチェンジから車で約15分
※公共交通機関がありませんので注意してください。

中島田の古代ハス

中島田の古代ハス

島田島は古代蓮が全国的に有名になってきましたが、その大島田の古代蓮に行く途中の休校中の島田小学校近くの水田にも古代ハスの大賀蓮が植えられています。また、古代蓮以外にも白や赤い蓮花が咲く品種の蓮も植えられていて、毎年、6月中旬から8月上旬にかけて神秘的な花を見ることができます。
島田小学校の隣には「れんこんハウス」があり古代蓮のイベントなどがあるときの拠点にもなっています。

中島田の古代ハス
古代ハスの大賀ハス(おおがはす)
中島田の古代ハス
白い花は小三色、赤い花は紅島田という品種のハス
れんこんハウス
古代蓮のイベントや作業などの拠点となるれんこんハウス

アクセス

徳島県鳴門市瀬戸町中島田
鳴門北インターチェンジから車で約15分
※公共交通機関がありませんのでご注意ください。

大島田の古代蓮

大島田の古代蓮

島田島の北部になる大島田には、2000年以上も昔の古代蓮の大賀ハス(おおがはす)が水田跡地に植えられています。
毎年、6月中旬から8月上旬にかけて神秘な花が咲き乱れ、今では日本各地から見に来る人で賑わっています。
蓮花は早朝の6時頃から咲き始め、午後にはほとんど萎んでしまいます。できれば午前中に見に来られることをおすすめします。

大島田の古代蓮
県内の地域おこしボランティアの皆さんによって植えられた古代蓮(大賀ハス)
大島田の古代蓮
神秘の花が咲き始めるのは早朝から、見るなら午前中がベストです。

アクセス

徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
鳴門北インターから車で約15分
※公共交通機関がありませんのでご注意ください。